阿波しじら織Awa-Shijira-Ori

「阿波しじら織」は、徳島県指定の伝統的特産品です。

明治維新当時(時代については安政3年等、諸説有り)、海部ハナによって考案されたといわれています。
戸外に干していた縞織物がにわかに雨にぬれてしまい、それを乾かしたところ、布面が縮んでシボ(凹凸)が生じました。
このことにヒントを得て、苦心研究の末、作り上げたとされています。

経糸(たていと)の張力差を利用して織り上げ、「ちぢみ」に仕上げます。
独特のシボ(凹凸)があり、通気性に富み、軽く肌ざわりの良い織物です。

当社では、伝統的な柄「市松模様」や「縦縞」をはじめ、
製品に応じて現代的にアレンジした、様々な色柄・織柄を作成しています。
柄によっては、藍のみならず染料も併用し、藍だけでは表現のできない、多彩な色調の阿波しじらを織り上げ、
さまざまな製品を提案しております。